こんばんは、江田けんじです(ウソ)。

毎日新聞に次のようなコラムが載っていました。

近聞遠見:
「江田ビジョン」との違い=岩見隆夫

不勉強でお恥ずかしい限りですが、江田ビジョンというものが過去にあったのを初めて知りました。

(1)アメリカの高い生活水準
(2)ソ連の徹底した社会保障
(3)英国の議会制民主主義
(4)日本の平和憲法

高度成長の始まる前、どんなにわかりやすく魅力的に響いたことでしょう。(2)は今にしてみれば違うと言えるでしょうが、当時は魅力的に聞こえたでしょうね。

特に(1)。世間にヒットしたが、党内では、ブルジョア的と決めつけられたとのこと。私がものごころついたころ、社会党は既に「反対するだけの党」になっていました(違うかもしれませんがそう見えた)ので、最初からそういう党だと理解していました。これを進めていたらかなり違った未来(すなわち現在)があったでしょうね。

岩見さんは、米英露は必ずしもお手本でない現在にビジョンを作るのは難しいとは認めながらも、分かりやすいビジョンを欲しています。小沢一郎が以前提唱した「普通の国」は意表をつく言い回しが受けたが、どんな国か示せていないといいます(私も名前を見ただけでいやになった。「普通の国」じゃいやだ。「日本良い国 清い国 世界に一つの神の国」とは言いませんが)。

jinsei1さんが、「もしも世界から、石油がいらなくなったら。」で「この技術(新エネルギー技術)を生かし、世界に平和貢献」というビジョンを示されています。私も以前、環境/ビジネス/カルチャーで、概要だけ書いたのですが、それぞれ膨らませて行きたいと思います(「ウ・エダ ビジョン」なんてね、だんだん夢想癖の病状が進んでいるような)。

江田三郎の略歴が、江田三郎歿15周年シンポジウム資料にあります。浅沼委員長が刺殺された後に委員長代行を務められていたのですね。 沢木 耕太郎の「テロルの決算」おもしろかったな。

広告