村上隆と狩野一信と藤田嗣治

タグ


今森美術館で行われている村上隆展 (村上隆の五百羅漢図展) の関連イベント椹木野衣氏の講演を聞いてきました。

トーク「大震災、五百羅漢図と村上隆」

題名の通り、東日本大震災との関連を述べています。村上隆の五百羅漢図はもともと東日本大震災を契機に作られました。

東日本大震災後にいち早く支援の手を差し延べてくれたカタールへの感謝を込めて、震災の翌年2012年にドーハで発表されました。
(展覧会概要より)

テーマに選んだ五百羅漢は、もともと自然災害で亡くなった人の鎮魂、残された人の慰めのために五百羅漢像として作られていたそうです。500という多さは、それだけあればどれかは亡くなった人に似ているものがあるという意味があるとのことです。

今回の講演内容はもうすぐ評論として世に出るということなので、内容に深くは触れず、3人の芸術家 (村上隆と狩野一信と藤田嗣治) が活躍したそれぞれの時代と社会の波乱および自然災害の関係を対比させる視点についてのみ記載したいと思います。

2011年3月、狩野一信の五百羅漢図全100幅の公開が予定されていました。直前に東日本大震災が起こったため、延期され、その四十九日をすませた4月29日に改めて開幕することになりました。

header_shiba
(江戸東京博物館 五百羅漢-増上寺秘蔵の仏画 幕末の絵師 狩野一信 より)

狩野一信がこの五百羅漢図を制作していたのが、1854年から1863年に亡くなるまで。この頃の日本は、1853ペリー来訪、1858年井伊直弼が大老になり、安政の大獄がああった時期ですが、自然災害では1854年 安政東海地震安政南海地震豊予海峡地震 が立て続けに発生し、翌年 安政江戸地震、さらに翌年の1856年には安政東京湾台風が襲ったとのこと。五百羅漢図にはそういう時代背景がある。

藤田嗣治もフランスに渡ってすぐに第一次世界大戦と恐慌を経験し、さらに帰国後は第二次世界大戦の中で戦争画を制作するなど、世界的に乱世であった時代を生きて来た。それだけではなく、戦争の影に隠れているが  (情報統制により広く報道されないようにしていた)、日本では自然災害が多く発生していた  (1943年鳥取地震、1944年東南海地震、1945年三河地震、1944-45年昭和新山、1946年昭和南海地震、1948年福井地震)。

藤田はその戦争画により軍部に協力したという非難を受けるのだが、私は「アッツ島玉砕」など藤田の戦争画は、国民を鼓舞するというより、戦争の悲惨さを伝えている、いわば戦争画の名前を借りた反戦画だと思っていました。

さて、村上隆が生きる現代もまた、1991年湾岸戦争以降、2001年9.11同時多発テロ、2003年イラク戦争、2015年パリ同時多発テロと、大国対大国ではない新しい形の不安定さが続いている。自然災害の方もそれまで比較的安定していたのに、1993年北海道南西沖地震 (奥尻島津波)、1995年阪神淡路大震災、2004年中越地震、2007年中越沖地震/東電柏崎刈羽原発事故、2011年東日本大震災/東電福島第一原発事故と災害が続いている。

椹木氏は、村上隆の作品に、そういう時代背景を見ている。特に朱雀 = 火の鳥を描いたパートに、宇宙 = 核エネルギーへの言及をみており、また、破滅と再生を見ている。

アートの解釈は、最初は人それぞれであろうと思うが、狩野一信や藤田嗣治とのp共通項を見出す椹木氏の視点は面白いと思ったし、勉強になった。

時代背景が似ているのはわかったが、時代背景から影響された部分に共通項がどれほどあるのかまでは私自身まだ咀嚼できていないので、私の文章にもうまく表出できていません。申し訳ありません。

 

 

FLOWERS BY NAKED

タグ


FLOWERS BY NAKED 内覧会に行ってきました。

FLOWERS BY NAKED は一言で説明するのは難しいですが、「花」をモチーフにしたメディア・アートと言えば良いでしょうか。公式ページには、「花をテーマにしたアート、空間、食、お酒、メイク、ファッション……あなたの周りが花で溢れる女子会」と書いてあります。しまった、「女子会」だったか。

最初は大きな本にテーマが描かれるプロジェクションマッピング “Big Book” がお出迎え。

bigbook

Dandelion Clocks

IMG_0627

桜彩

#flowersbynaked 桜彩。

A video posted by R. Yoshihiro Ueda (@ryokan) on

全体像

#flowersbynaked 全景。

A video posted by R. Yoshihiro Ueda (@ryokan) on

行くまではチームラボの作品と勘違いしていましたが、村松亮太郎氏のチームNAKEDの作品でした。いけばなの草月流ともコラボしており、代表の勅使河原茜氏もいらしてました  (山本寛斎氏もお客様として招かれていたようで、勅使河原さんとお話しされていました)。

日本橋三井ホールでは夏になると生きた金魚を使ったアートアクアリウムが開かれます。これは人気が高く2012年には会場まで行って待ち時間を聞いて断念したことがあります (その後2014年に行くことができました)。このFlowers by Nakedも人気が出るのではないでしょうか。

草月流とのコラボ作品に関しては、草月流自身がダイナミックな作風なのですが、会場全体を暗くしないといけないため、それがあまり生きていなように感じました。その点は残念なところでした。

以下、展覧会の情報です。

会期: 2016年1月8日(金)〜2月11日(木・祝)
時間: 月~木/日/祝日 10時~20時、金/土/祝前日  10時~21時
(最終日2月11日 (木・祝)は、10:00〜17:00)
場所: 東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1 日本橋三井ホール
チケット料金: 大人(高校生以上)1300円 /小人900円

 

 

あけましておめでとうございます 2016


あけましておめでとうございます。

2016-01-01-nenga

今年もよろしくお願いします。

今年はオンラインコースでビッグデータに挑戦しようと思います。

Big Data University

昨年みたいに1コース1ヶ月という期間が定められていて宿題も毎週あるようなものだとなんとか継続できると思うのですが、これは自分で選んでいくもので、明確なゴールが設定しにくく途中でだれないか心配です。日本語のコースもあるのは嬉しいところです。

2015年に行った展覧会とアートイベント

タグ


今年も小さいのもあわせて結構行っていますね。21_21 Design Siteに加え、森美術館の年間パスを買ったので同じ展覧会に複数行くことも多かったように思います。

  • 2015/01/20 パスキン展 @ Panasonic 汐留ミュージアム
    → ブログ http://wp.me/p19tR8-1bH
  • 2015/02/04 メディア芸術祭 @ 国立新美術館
  • 2015/02/28 ホイッスラー展 @ 横浜美術館
  • 2015/03/06 チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
    → ブログ http://wp.me/p19tR8-1bZ チームラボ展が会期延長!新作展示!
  • 2015/03/18 ピクトリアリズム展 @ フジフイルム スクエア
  • 2015/04/29 PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭
    • 京都市美術館
    • 鴨川デルタ出町柳
    • 堀川団地
    • 京都芸術センター
    • 京都文化博物館 別館
  • 2015/04/30
    • 現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 @ 京都国立近代美術館
    • 平成27年度 第1回コレクション展 @ 京都国立近代美術館
    • 特別展覧会 桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち @ 京都国立博物館
    • PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭 河原町塩小路周辺
    • still moving | 元・崇仁小学校
  • 2015/05/09
    • ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美  @ Bunkamura
    • 燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密 @ 根津美術館
    • le fil rouge  @ エスパス・ルイヴィトン
  • 2015/05/27 石田尚志 渦まく光 Billowing Light  @ 横浜美術館
  • 2015/05/30 絵の住処(すみか)-作品が暮らす11の部屋- @ DIC川村記念美術館
  • 2015/06/06 草月いけばな展「水のかたち 風のいろ」 @ 新宿髙島屋11階
  • 2015/06/07 紙をはじめる  (CORNER レクチャー ) @ Impact Hub Tokyo
  • 2015/06/13
    • 山下以登個展「さよなら迷宮」@ HB GALLERY
    • Swimming Pool @Paul smith
    • デザインの見かた講座 (CORNER ワークショップ) @ Impact Hub Tokyo
    • シンプルなかたち展:美はどこからくるのか @ 森美術館
    • Star Wars 展 @ Tokyo City View
  • 2015/06/30 MAMリサーチ 上映+トーク「ゼロ次元/加藤好弘」 @ 森美術館
  • 2015/07/03 MAMコレクション001:ふたつのアジア地図―― 小沢剛+下道基行アーティスト・トーク @ 森美術館
  • 2015/07/04
    • 「動きのカガク展」トーク「クリエイションとテクノロジー」@ 21_21 DESIGN SIGHT
    • シンプルなかたち展 @ 森美術館
  • 2015/07/15 えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015 内覧会
    → ブログ http://wp.me/p19tR8-1ci 夜の水族館
  • 2015/07/25
    • ディン・Q・レ展:明日への記憶 @ 森美術館
    • ディン・Q・レ展 アーティストトーク@ 森美術館
  • 2015/07/28
    • 和のあかり×百段階段 @ 目黒雅叙園
    • トーク「ロベルト・チャベットとは誰か?」 @ 森美術館
  • 2015/07/30
    • アール・ヌーヴォーのガラス展 @Panasonic汐留ミュージアム
    • アドミュージアム
    • 画鬼・暁斎ーKYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル @ 三菱一号館美術館
  • 2015/08/22
    • 「ニッポンの*マンガ*アニメ*ゲーム」展 @ 国立新美術館
    • レクチャー “マンガの時間を「見る」という体験:解放される音、分解される運動”@ 国立新美術館
  • 2015/8/29 大地の芸術祭
    • 清津倉庫美術館
    • うぶすなの家
    • もぐらの館
    • 鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館
    • 松代 農舞台
    • CIAN
    • 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
  • 2015/8/30
    • 越後松之山「森の学校」キョロロ
    • EAT&ART TARO「ザ キュウリ ショー」@ 黎の家
    • 塩田千春「家の記憶」
    • クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」
    • ゴームリー 「もうひとつの特異点」
  • 2015/09/05
    • teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe @ ポーラ ミュージアム アネックス
    • View’s view  @ ギャラリーなつか
    • 濱田富貴 @ ギャラリーなつか
    • 「境界」 高山明+小泉明郎展 @ Le Forum | HERMES
    • 色部義昭「WALL」 @ ギンザ・グラフィック・ギャラリー
    • 絵画を抱きしめて  @ 資生堂ギャラリー
    • ヨシナリミチコpresents [肉食オトメ] @ Meets Gallery
  • 2015/09/12
    • ディン・Q・レ展 トークセッション 第2回「アート・社会・歴史」@ 森美術館
    • ディン・Q・レ展 @ 森美術館
  • 2015/09/16 蔡國強展:帰去来 @ 横浜美術館
  • 2015/09/23
    • ディン・Q・レ展 @ 森美術館
    • アージェント・トーク027 緊急上映!鬼才クリストフ・シュリンゲンジーフに迫る
  • 2015/10/10 蔡國強展:帰去来 @ 横浜美術館
  • 2015/10/11
    • ニューアート展 NEXT 2015 田中千智展 I am a Painter @ 横浜市民ギャラリー
    • シンポジウム「日本の国際展のいま、未来――美術館、地域といかにして共栄しえるか」 @ 横浜美術館
  • 2015/10/17 春画展 @ 永青文庫
  • 2015/10/24
    • フランク・ゲーリー展 @ 21_21 DESIGN SIGHT
    • もりの教室 @ 東京ミッドタウン
    • グラフィックトライアル・コレクション @ Design HUB
  • 2015/11/01
    • 平川紀道アーティスト・トーク @ NTT-ICC
    • オープンスペース2015 @ NTT-ICC
    • 夏弥ד10Colors”  @  SPACE8
  • 2015/11/02 G展 @ 東京ミッドタウン
  • 2015/11/03
    • 中島清之展 @ 横浜美術館
    • 鴻池朋子展「根源的暴力」 @ 神奈川県民ホールギャラリー
  • 2015/11/14 牧田恵実 リビドー展 @ Art Lab Tokyo
  • 2015/11/27
    • モシェ・クプファーマン展 @ Fuji Xerox Art Space
    • 中島清之展 @ 横浜美術館
  • 2015/11/28
    • 風景を探して_ミナミタエコ展 @ Gallery House MAYA
    • TOTOギャラリー・間30周年記念展 アジアの日常から:変容する世界での可能性を求めて @ ギギャラリー・間
    • フランク・ゲーリー展 トーク「I Have an Idea」第2回 “でこぼこ” 機能とかたちについて @ 21_21 DESIGN SIGHT
    • きものモダニズム展 @ 泉屋博古館
  • 2015/12/05
    • フランク・ゲーリー展 トーク「I Have an Idea」第3回 “うろこ” 生成と粒子について @ 21_21 DESIGN SIGHT
    • 村上隆展 @ 森美術館
  • 2015/12/18
    • 「く°ま – 3人のアーティストによるテディベアの世界 – 」展 @ 新生堂
    • 佐藤草太展 @ 新生堂
    • 杉本博司 @ CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex :: Lab
    • Painting ゲルハルト・リヒター @ WAKO WORKS OF ART
    • 村上隆展 @ 森美術館
    • NISSAN ART AWARD @ BankArt NYK

今年は横浜トリエンナーレの年ではありませんが、サポーター仲間と4月末にPARASOPHIA 京都芸術祭、9月末に大地の芸術祭に行ってきました。写真は大地の芸術祭 蔡國強の「蓬莱山」です。大地の芸術祭に関してはフリーペーパーに記事を書きました。(→ ヨコトリーツ![Yoko-Treats!]第12号「大地の芸術祭を訪ねて」発行!)2015-08-29 18.15.08

個人的ベスト10をあげます。

  • 現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 @ 京都国立近代美術館 // 東京で見逃していたので。
  • MAMリサーチ 上映+トーク「ゼロ次元/加藤好弘」 @ 森美術館 // 「具体」やハイレッドセンターも比較的最近知ったので、さらに別の動きがあったことは興味深い。
  • 燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密 @ 根津美術館 // 燕子花と紅白梅が揃うのは56年ぶりだそうだが、それ以前に直接見たことはなかったので。実は根津美術館も初めて。
  • 大地の芸術祭: 塩田千春「家の記憶」、クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」、ゴームリー 「もうひとつの特異点」// 全館使う展示は大地の芸術祭ならではだと思う。他にも、鉢&田島征三 「絵本と木の実の美術館」も楽しくてよかった。
  • アージェント・トーク027 緊急上映!鬼才クリストフ・シュリンゲンジーフに迫る // 社会活動なのか演劇なのかハプニングだかわからないプロジェクトが興味深い。現在の日本で難民を受けれていない中、「外国人よ、出ていけ!」みたいなプロジェクトを行ったら、日本人の見たくない部分が露わになるんだろうなと思う。
  • 蔡國強展:帰去来 @ 横浜美術館 // 横浜で制作したものも何点もあって、横浜美術館も頑張ったんだなと思う。
  • ニューアート展 NEXT 2015 田中千智展 I am a Painter @ 横浜市民ギャラリー  // 初めて知ったアーティスト。黒を基調とした作品だがその黒の中にいろいろな表情というかテクスチャーがあって、丁寧な作品作りだと思った。
  • フランク・ゲーリー展 @ 21_21 DESIGN SIGHT  // 全体から部品レベルまでカバーするITシステムに感心した。
  • 中島清之展 @ 横浜美術館 // 歳をとっても常に新しいことにチャレンジする姿勢には共感した。ただそれゆえ「この人の画風」というものが定着せず、知名度が上がらなかったのは残念なところ。
  • 村上隆展 @ 森美術館 // 圧倒される巨大さ。それを制作するための過程が展示されているのもよかった。アートというよりは巨大な工芸作品または建築のプロジェクトを思わせる。そういう意味でフランク・ゲーリー展との類似性がある。

アート以外では、今年はオンライン学習サイト Coursera で “Data Science Spepicalization” の各コース (無料版) を、1月から毎月1コースずつ9月まで受講しました。全部クリアして、仕事に生かせるくらいまでRが使えるようになりました。2016年はビッグデータ関連を受講したいと思います。

わずか2ヶ月で評価を覆す必要があろうとは

タグ


ユネスコの記録遺産に、日本からシベリア抑留者の引き揚げ記録と「東寺百合文書」登録されるという。同時に南京大虐殺の

世界記憶遺産:「南京大虐殺」登録 「慰安婦」却下 中国申請2件でユネスコ (毎日新聞 2015年10月10日)
記憶遺産:日本から2件 関係者、静かに喜び (毎日新聞 2015年10月11日)

「南京大虐殺」に関しては犠牲者数に関しては異論はあるだろうが、事実としては異論がないところであろう。犠牲者数に関しては中国側が出してきた30万人というのをそのまま受け入れるとユネスコ記憶遺産の権威も損ねることになるので、そこはしっかりと精査してもらいたい。

「事実としては異論がないところであろう」と書いたが、世の中にはそうは思わない人もいるのは知っている。しかし、政府内にそういう人がいて、それを堂々と表明するとは思わなかった。

「南京・慰安婦の存在、我が国は否定」 自民・原田氏 (朝日新聞 2015年10月2日)

原田義昭・元文部科学副大臣は会議後、記者団に「南京大虐殺や慰安婦の存在自体を、我が国はいまや否定しようとしている時にもかかわらず、申請しようとするのは承服できない」と語った。発言は政府見解と相反する内容だ。

こんな人もいるんだなー、やれやれと思っていたが、よく見ると「我が国はいまや否定しようとしている」と「我が国」が主語になっている。そして内閣からはこれを否定する言葉は聞こえてこない。聞こえてくるのは中国とユネスコへの批判だけ。

菅氏:「中国はユネスコを政治利用」 (毎日新聞 2015年10月2日)

そしてさらに

二階氏 ユネスコへの拠出金見直すべき (NHK 2015年10月11日)

これは恥ずかしい。

先日、「戦後70年内閣総理大臣談話」で、私はこの談話を「全体としては良い談話になったのではないでしょうか」と評価した。しかしそれは、今後の安部首相の言動によって決まるとも書いた。

今後は「謝罪」を繰り返すことはしない、と言っているわけです。

ただ私自身は、どこかで「これまでお詫びしてきた/その心は忘れない」という総括を行うべきだは思っていたので、これは適切だと思います。ただそれが、繰り返し、村山談話や河野談話を批判し、無力化しようとしてきた安倍首相では説得力がありません。しかし、肝心なのは、この先この談話が口先だけではないことを証明していくことだと思います。

これまでの反省があるのなら、この記憶遺産登録を真摯に受け止めるコメントを出すべきだろうし 、むしろ、犠牲者数に関しては定説が定まっていないことを明確にするために、日中共同で出してもよかったくらい。結論を出すのは難しいだろうけれど、中国側も提案を無視して単独では出しにくい状況にはなったと思う。

南京大虐殺に関しての一連の政府の対応を見ると、安部談話での「反省」は、自分の本心ではないということが明らかになったということだろう。スピーチライターが苦労して書いた文章を読んだだけ。「今後の安部首相の言動によって決まる」と書いたのは、あまり期待できないと思っていたからだが、それでもわずか2ヶ月も経たず評価を覆す必要があろうとは思ってもいなかった。

エルトゥールル号遭難で日本SUGEEE! っていう人は …


もちろん、難民受け入れにも積極的なはずだよな!

安倍首相が「シリア難民の受け入れの前に日本は解決する課題がある」といったらしい。

Abe says Japan must solve its own problems before accepting any Syria refugees (ロイター 2015/09/29)

この記事の英語記事の表題をみて、「国内に問題を抱えているからその解決が先」というのは単なる言い訳で、他の国だって国内問題をそれぞれ抱えているんだ、いつになったら解決できるんだよ、と思っていたのですよ。

いや難民受け入れに関しては、「国内に問題を抱えている」というのは確かだと思う。それは差別意識だ。自分たちも生きるのに大変なのに、なんで難民に助けないといけないの? 難民が仕事をしたらますます日本人の仕事の口がなくなるじゃない? という発言を見るたびに鬱になる。いやいや、彼らは生活の向上のために国を出てきた訳じゃないよ、命からがら逃げ出しできたんだ。それをまず理解しようよ。その人たちに日本人ができることはなんだろう。

その答えはエルトゥールル号遭難事件で、和歌山の人たちがとった行動だろう (Wikipedia エルトゥールル号遭難事件)。彼らは自分たちの非常用の蓄えさえ犠牲にして犠牲にして、トルコの人たちを助けた。それって愛国者の皆さんの誇りじゃないの?

もとに戻ると、命からがら逃げ出しできた難民に対して、稼ぐためによその国に行く不法移民と同じ扱いをするの? 君たち来なくても労働力は足りているよ。それよりも前に、女性にも活躍してもらわなくてはいけないし、高齢者にも活躍しt守らなければならない、とか言える?

えっ?

安倍首相「難民受け入れは?」と問われ「女性の活躍、高齢者の活躍が先」

名前から変えたら

タグ


共産党の志位さんが、こんな発言をしています。

https://twitter.com/shiikazuo/status/646233661331795968

「国民連合政府」について「共産党アレルギー」をお持ちの方もいるかもしれません。私たちも「アレルギー」をなくすべく努力します。同時に、「アレルギー」を乗り越えて力を合わせることを呼びかけます。
過去を乗り越え、「戦争法廃止、立憲主義回復」という国民的大義で、未来のために団結しよう!

ネットでよく共産主義が嫌いだから共産党は支持しないとか、独裁になるから共産党に入れないという意見があるのだけれど、現実を考えてすぐに共産党が第1党で過半数を占めることはないし、たとえ政権を取ったとしても憲法があるので独裁にも共産主義にもなりません。現段階では護憲姿勢を強く打ち出しており、それは平和主義だけでなく、人権、民主主義、私有財産を重要視しているということです。

今回選挙協力が成立するとしても、民主党が共産党の綱領を受け入れて、政権をとった暁には憲法を改正して共産主義にします、となる訳がありません。

今まで見ていてわかるでしょう、と思うのですが、通じない人には通じない。共産主義を目指している (綱領) と言った段階で、「旧ソ連、中国とは違う」と言っても無駄でしょう。我々は、旧ソ連のように失敗した共産主義か、中国のように共産主義とは言えず独裁だけが残っているところしか見たことがないのですから。

それらと違うということを言いたいなら、違う名前をつけた方がいいと思います。「自由民主共産主義」はどうでしょう。しかしやるんだったら「共産主義」から変えた方が良いと思います。

戦前から続いた党名を変えるのも抵抗があると思うが、これも変えた方がいいと思います。私は「共生党」が良いと思います。「共」の文字を生かせるし。暴力による革命のイメージを払拭し、「戦争をしない国を目指す」というメッセージも出せます。

共産党は、歴史があるだけに、その歴史に縛られていると思います。非常に保守的。通るあてもない選挙区に全て候補者を立てるのも、成果よりも、自分たちが戦っている姿に酔っているように見えます。その中で今回、選挙協力を打ち出してきたのは画期的です。綱領や党名を変えるのは簡単じゃないでしょうが、変わったことを見せるのは最も効果があると思います。

忘れてはいけない

タグ


Facebookのコメントに書いたのだけど、自分で忘れてはいけないのでブログに書いておく。

毎日新聞2015年09月17日 安保法案:合言葉は「賛成議員を落選させよう」(魚拓)

安全保障関連法案に反対する人々が集まる国会前で、各地の街頭で、ネット上で、一つの合言葉が野火のように広がっている。「(法案)賛成議員を落選させよう」。来年の参院選をにらみ、抗議のうねりが「落選運動」へと発展する可能性が出てきた。

今、有権者が持っている最大の武器は参政権というか選挙権だ。選挙時以外にも投書やデモで政治を動かすことができるというが、今はその力はあまりない。「デモをやっても次の選挙ではどうせ忘れている」と政治家がたかをくくっているからだ。

有権者がやらなければいけないのは、「これは今だけ熱くなっている訳ではない」というメッセージを投票を通じて伝えることだ。「デモは有権者の声であって、それにたがうことをすれば次の選挙につながる」ということを理解させることだ。次の参院選はその始まりにしなければならない。

しかし、

シールズに刺激され60〜70代で結成した「OLDs(オールズ)」のメンバーで、建築作業員の枚田繁さん(66)だ。「法案が通っても来年の参院選まで声を上げようと話し合っています」

「来年の参院選まで」ではダメなのだ。1年後だけでなく、次の総選挙、そしてその次4年後の参院選 … と続けていかなければならない。OLDsのみなさんもずっとボケないようにしてもらいたい。

投書やデモなど選挙期間外の有権者の声と選挙が密接につながっていることを何回も示してやっと、今後も有権者の声を尊重していかなければならないということが理解される。そう持っていかなければならない。

ただし、私を含めた日本人の問題点として、すぐに忘れちゃうというのがある。新しい話題があればすぐそちらに飛びついてしまう。目の前に提示されたイシューに引きずられ、他の論点をないがしろにしてしまう。

その問題を加速しているのがマスコミだ。マスコミ自体も誰かが設定した争点というか「今回のテーマ」に騙されて、それに乗った報道をする。その争点が出された意味についての批判はほとんどない。消費税増税を先送りすることを争点にした昨年の選挙だって、もともと5%から8%にあげた時に次は状況を見てからと決めていたのだから、総選挙の必要は何もなかったはず。

安倍首相は覚えていたのだ。郵政選挙のことを。

小泉元首相は、郵政民営化を参議院で否決されたら衆議院を解散した。そこで設定されたシングルイシュー「郵政民営化」に乗って、刺客を立てた選挙区を面白おかしくとりあげた。結果はごらんの通りで、大成功だった。1ヶ月で「郵政民営化」は成立してしまった。そしてその遺産は第一次安倍内閣に引き渡され、教育基本法の改正など今につながる法案が次々と通された。このことを私は忘れていない。(2005/10/16“「お釣りはお駄賃」は許しません”)。

「ねじれ国会」がいけないことのようにテーマを設定したのも忘れない。逆に「マドンナ旋風」や民主党の「政権交代」も、中身は空っぽの日本新党を「殿様」と言って持ち上げていた時も同じ。

一番最初にそのことを思ったのは、大平元首相が亡くなった時の選挙だ (1980年なんですね → Wikipedia 大平正芳)。自民党内の抗争のため、内閣不信任決議が成立し、衆議院が解散になった。その中で大平元首相は急死した。心労がたたったと思われる、いわば、自民党が殺したようなもの。それなのにあろうことか「弔い合戦」を掲げて大勝したのだ。

もううんざり。

こんなのに騙される国民であってはいけない。だから、SEALDsの若者だけでなく、彼らを応援した大人たちも忘れないでいかなければならない。

2015年9月19日 志葉玲 安保法制可決「悲壮感ない」「これからが始まり」―SEALDs、総がかり行動、野党が「打倒安倍」で結束

そう、これからが大事なところですよ。

戦後70年内閣総理大臣談話

タグ


戦後70年安倍首相談話に関しては、Twitterなどいろいろなところに書いてしまったので整理しておきたいと思います。

2015年8月14日、安倍首相談話がでました。テレビは見ていなかったので、新聞社のサイトで読みました。

毎日新聞70年談話:安倍晋三首相談話全文

新聞はリンク切れするので、首相官邸にあるのもリンクを貼っておきましょう。

平成27年8月14日 内閣総理大臣談話

読む前に「お詫び」、「侵略」というキーワードを含んだものになっているという評価が耳に入っていたので、どう入っているのかと意識して読みました。しかし、直接は言っていないのですね。

  • お詫び:

我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。

とありますが、安倍首相として「お詫びします」という表現はありません。「こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります」とあって、自分も同じだと言っているわけです。どうしても自分の口から謝罪の意を表明したくない彼のキャラクターが発揮されていると思います。

一方、

あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

と言っていて、今後は「謝罪」を繰り返すことはしない、と言っているわけです。

ただ私自身は、どこかで「これまでお詫びしてきた/その心は忘れない」という総括を行うべきだは思っていたので、これは適切だと思います。ただそれが、繰り返し、村山談話や河野談話を批判し、無力化しようとしてきた安倍首相では説得力がありません。しかし、肝心なのは、この先この談話が口先だけではないことを証明していくことだと思います。

  • 侵略:

事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。

「日本が侵略した」、「植民地支配を行った」という表現は避け、「もう二度」ということで間接的に侵略を認めていますが、ここは「未来に向けた意志表明」というのが主体です。

以前、有識者懇談会の北岡座長代理が、首相に『日本は侵略した』と言わせたい、と言っていたが、結局言っていないことになるます。安倍氏は今後も「侵略の定義は定まっていない」という立場で、日本の戦争は自衛のためのやむにやまれない戦争という位置付けなんでしょう。しかし、それを言うとこの談話が台無しになる。そこは

世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。

というところに滲み出ていると思います。この表現にとどめたのはよかったと思いますが、これも「お詫び」と同様、今後の言動が重要になります。

正直なところ、安倍首相のこれまでの発言を聞いていると、村山談話を継承すると言いながら上書きする気が満々だっように見受けられ、期待していませんでした。有識者会議の報告書 (→ 要旨 [日本経済新聞 2015/08/07]) が出た後もの原案では、「おわび」、「侵略」は入っていなかったようです (「安倍談話の原案「おわび」盛らず 公明「侵略」明示要求」 [朝日新聞 2015/08/09])。

しかし、出てきたものを見ると、安倍氏個人の政治信条は極力抑えられ、未来につながる良いメッセージがふんだんに盛り込まれています。

いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。

日本国憲法を変える必要ばありませんね。

我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。唯一の戦争被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります。

日本が世界の平和をリードしていく、力強いメッセージです。

繁栄こそ、平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に、医療と教育、自立の機会を提供するため、一層、力を尽くしてまいります。

ここは、日本は平和先進国として「平和」を輸出していくべきという私の思いに最も近いところです。ガルトゥング博士の「積極的平和主義」と同じだと言えるでしょう (ハフィントンポスト 2015/06/25)。

我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。

自民党の改憲案では 「天賦人権論」をとらないのが基盤にありますが、このような談話を出してきた以上、そのような改憲論は出せないでしょう。

アジア、近隣諸国への配慮も素晴らしい。特に「寛容」に対して感謝の意を表明している点もうまいと唸らせるものがあります。

戦後、六百万人を超える引揚者が、アジア太平洋の各地から無事帰還でき、日本再建の原動力となった事実を。中国に置き去りにされた三千人近い日本人の子どもたちが、無事成長し、再び祖国の土を踏むことができた事実を。米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜の皆さんが、長年にわたり、日本を訪れ、互いの戦死者のために慰霊を続けてくれている事実を。

特に中国も、こう評価されたら拡大の野望をあらわにする訳にはいかないでしょう。

と、評価すべきところがたくさんあります。全体としては良い談話になったのではないでしょうか。もっとも「不良だったヒロシくんがこの前おばあちゃんに席を譲ってたよ」的な意味で評価している面は多分にありますが。確かに焦点はぼけたものになっているが、お詫びしたくないし侵略を認めたくない安倍首相にしてはこれができる最大限のところだろうと思います。スピーチライターの苦労がしのばれます。

せっかく未来につながる良い談話になったので、繰り返しになりますが、今後はこれに矛盾しない言動を続けることが肝心です。本音を言うと、安倍首相はその点で不安があるので、ここで勇退していただけたらと思うのです。勇退することでこの談話を台無しにするようなリスクをなくせば、名宰相として後世に名を残すことができるのではないかと思います。いかがでしょう、安倍首相。

とはいえ、まだやめないでしょうね。今後この談話に恥じない政権運営を期待していくしかありません。いや、我々国民はそう誘導しないといけない。この談話をたびたび引用し、”「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない」と語った安倍首相素晴らしい。今の日本国憲法大事にする姿勢に感銘を受けました。”、”「自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持」する安倍首相かっこいい。片山さつきが言っている「天賦人権論をとるのは止めよう」なんてもってのほかだよね” と褒め讃えるのです。

せっかく安倍首相が自縄自縛の談話を出してくれたのだから、それを生かしていきましょう、ということです。

スガさんは助けられない


安倍首相のたとえ話「アソウさんが襲われたら助けられるようになる」だけど、バカバカしくてちゃんと見ていなかったので、スガさんが登場するのは知らなかった。

「強盗に襲われたスガさんは助けられない」の真意は…首相の「たとえ話」 自衛隊の「助け」必要な国を代弁 (産経新聞 2015/07/09)

一方、強盗に入られたスガさんのケースでは「家まで行って助けることはできない」と指摘した。首相自身(=日本)に危機が迫っていないため、集団的自衛権の発動要件である存立危機事態には該当しないという論理だ。

できないことも言っていたんだね。

スガさんは菅義偉(すが・よしひで)官房長官をそれぞれ指すようだ。菅氏は8日の記者会見で、例え話で首相に助けられなかったことに対し「私は見捨てられてしまった…」と冗談めかした。

しかし、菅氏の発言は、日本の自衛隊の「助け」を必要としている国を代弁しているようにも聞こえる。

なるほど、韓国か! 朝鮮戦争が再発しても、韓国は助けなくてよいということだな。これは嫌韓のみなさん大喜びだろう。

しかし、アメリカが黙っているかな。俺が助けているんだからお前も手伝えと言ってくるんじゃないか。

日本は朝鮮戦争勃発時に「憲法9条があるから」と協力を断ったらしい。アメリカは憲法9条があっても協力要請してきたということだな。

安保法制が通ったら、「存立危機事態には該当しない」という理由は使えないんじゃないか。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在824人フォロワーがいます。