2016年に行った展覧会とアートイベント

タグ


今年もまとめます。

  • 2016/01/04 中島清之 @ 横浜美術館
  • 2016/01/07
    • 港千尋 Chihiro Minato “HOLE EARTH CATALOG” @ G/P gallery
    • 梅津庸一個展「ラムからマトン」@ NADIF Gallery
    • FLOWERS BY NAKED → ブログ FLOWERS BY NAKED
  • 2016/01/10
  • 2016/01/11 鎌倉
    • 葉祥明美術館
    • 神奈川県立美術館 鎌倉館 鎌倉からはじまった。1951-2016「PART 3: 1951-1965 鎌倉近代美術館 誕生」
    • 鎌倉館別館
  • 2016/01/17 Art’s Birthday – Multi Action @ Art Lab Tokyo
  • 2016/01/28 Relight Project @ TSUTAYA ROPPONGI
  • 2016/02/11 国立新美術館
    • メディア芸術祭
    • メディア芸術祭 テーマシンポジウム 「想像力の共有地<コモンズ>」【第1部】メディア芸術にとっての『祝祭』
    • 【第2部】部門を超える想像力
  • 2016/02/13 あざみ野市民ギャラリー
    • あざみ野フォト・アニュアル考えたときには、もう目の前にはない 石川竜一 展
    • あざみ野フォト・アニュアル 平成27年度横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展『自然の鉛筆』を読む
    • ごっつしばいたろか現代アート   (天野太郎氏トーク)
  • 2016/02/24 村上隆のスーパーフラット・コレクション
  • 2016/02/27
    • ダ・ヴィンチ展 特別展 レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦 <糸巻きの聖母>
    • 村上隆 @ 森美術館
    • Media Ambition Tokyo
    • 地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト- @ デザインハブ
    • シンポジウム「日本は東南アジアの現代美術にいかに関わってきたのか?」@ 森美術館
  • 2016/03/04
    • 水墨画展 @ 国立新美術館 2016 水墨画展
    • 雑貨展 @ 21_21 Design Sight
  • 2016/03/04 東日本大震災5周年国際シンポジウム「大惨事におけるアートの可能性]」
  • 2016/03/16 斎藤義重 @ Fuji Xerox Art Space
  • 2016/03/19
    • サイモン・フジワラ ホワイトデー|東京オペラシティアートギャラリー
    • 映画 「ジョギング渡り鳥」
  • 2016/03/21
    • 黄金町レビュー | 黄金町エリアマネジメントセンター|KOGANECHO AREA MANAGEMENT CENTER
    • 荒木悠 新作講評会(荒木悠展 複製神殿)
  • 2016/03/23
    • 村上隆 コレクション展
    • トリエンナーレ学校2016vol.2【アーティストに出会う】映像作家 荒木悠を知る
  • 2016/03/24 院展 @ そごう美術館
  • 2016/03/26 「9次元からきた男」ブロガー特別試写会
  • 2016/03/30 荒木悠展 複製神殿 → ブログ「アートと複製」
  • 2016/04/02
    • メゾンエルメス 「YÔKAÏNOSHIMA」 シャルル・フレジェ展
    • シャネル PHOTO EXHIBITION – CHANEL NEXUS HALL – CHANEL GINZA
    • 津上みゆき「時の景、つなぐとき」@ ポーラ ミュージアム アネックス
    • 花見展 art lab tokyo
  • 2014/04/23 横浜美術館
    • 富士ゼロックス版画コレクション×横浜美術館 複製技術と美術家たち ― ピカソからウォーホルまで → ブログ「アートと複製」
    • トークセッション「富士ゼロックス版画コレクション その魅力と使命」
  • 2016/04/25 トーク「アーティストは戦争とどのように向き合ってきたのか」@ 森美術館
  • 2016/04/27 トリエンナーレ学校2016vol.3【国際展を知る】さいたまトリエンナーレと市民協働
  • 2016/05/03 横浜美術館アーティストトーク 戸村浩 @ 横浜美術館レクチャーホール
  • 2016/05/17ミシェル・ビュトールと美術家たちのアーティストブック展 @ Fuji Xerox Art Space
  • 2016/05/21
    • レクチャー 国際都市横浜のアートとまちづくり @ 横浜市立大学
    • ママ増山れな個展
  • 2016/06/17 公開講座「Explore the Design」第6回 北川フラム
  • 2016/06/25 森美術館
    • 六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声
    • アージェントトーク ジュン・ヤン
  • 2016/06/28 トリエンナーレ学校2016 vol.4【アーティストに出会う】現代美術作家 やなぎみわ が語る
  • 2016/07/02
    • 21_21 DESIGN SIGHT – 企画展「土木展」 – オープニングイベント「これからの土木、これからの都市」
    • FUJIFILM SQUARE 企画写真展 「南米大陸 いちばん遠い地球」~熱狂の大地がやってきた!~
    • 富士フイルム 写真歴史博物館 企画写真展 奈良原一高 作品展『消滅した時間』
    • MID DAY WEEK 2016 ~新しい半年。おりかえし記念日。~|東京ミッドタウン
    • “WANNABIE’S COLLECTION” by MADSAKI | CLEAR EDITION & GALLERY
    • 山下以登 蕪村と一茶
  • 2016/07/06
    • ジブリ内覧会 ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~ → ブログ ジブリの大博覧会
    • 六本木クロッシング2016
  • 2016/07/14 DMM.プラネッツ Art by teamLab 内覧会 → ブログチームラボ新作内覧会 2016/07/14
  • 2016/07/20 メアリー・カサット展 @ 横浜美術館
  • 2016/07/22 院展@横浜そごう 第71回春の院展
  • 2016/07/27 トリエンナーレ学校2016vol.5
  • 2016/07/30 森美術館
    • トーク「知と宇宙観をめぐる旅」
    • 宇宙と芸術展
  • 2016/08/05
    • kara @ Gallery Kobo Chika
    • 吉増剛造「瞬間のエクリチュール」@ NADiff Gallery
    • 川島崇志 Takashi Kawashima “Volcanoes and The Sun” / “Unfinished Topography / Collection” @ G/P gallery
  • 2016/08/12 ルノワール展 @ 国立新美術館
  • 2016/08/26
    • 小田野直武と秋田蘭画展スペシャルトーク ノート 小野田直武と秋田蘭画展トーク → ブログ 小田野直武と秋田蘭画
    • エミーユ・ガレ展
    • 現在戦争画展 @ TAV Gallery
  • 2016/08/27 あいちトリエンナーレ
    • 愛知県美術館会場
    • 長者町会場
  • 2016/08/28 あいちトリエンナーレ
    • 岡崎地区
    • 豊橋地区
  • 2016/08/29 Meets KENPOKU 飴屋法水、本谷有希子
  • 2016/08/31 トリエンナーレ学校2016 vol.6 【国際展を知る】ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展からみる世界
  • 2016/09/06 アージェント・トーク029: 組織としてのアート ―ザ・ショウルーム(英国)の取り組み1 @ 森美術館
  • 2016/09/13 中西夏之展 @ Fuji Xerox Art Space
  • 2016/09/17
    • ジュリア・マーガレット・キャメロン展  @ 三菱一号館美術館
    • TARASUKIN BONKERS 南伊豆からコンニチハ展 @ SFT Gallery
    • 土木展 @ 21_21 DESIGN SIGHT
    • トークイベント「AFTER GROUNDSCAPE SPECIALー時代の土木、土木の時代ー」
    • Ren Hang 任航「東京」@ matchbaco | KEN NAKAHASHI
  • 2016/09/20 アージェント・トーク030:多文化世界の解釈と現代アート (港千尋) @ 森美術館
  • 2016/09/24
    • 安野モヨコ
    • でんちゅうさーん?はーい!
    • キュンチョメ個展 「暗闇でこんにちは」
    • ヘリ・ドノによるパフォーマンス&トーク+SEAプロジェクト報告:インドネシア編 @ 森美術館
  • 2016/09/24 トリエンナーレ学校2016 vol.7【都市・身体・表現を知る】今日からはじめる空間体験の記述と表現
  • 2016/10/01
    • BODY/PLAY/POLITICS アーティスト・トーク @ 横浜美術館
    • BODY / PLAY / POLITICS @ 横浜美術館
  • 2016/10/02
    • 新・今日の作家展2016 創造の場所-もの派から現代へ @ 横浜市民ギャラリー
    • BODY/PLAY/POLITICS アジア・アートウィーク フォーラム@ 横浜美術館
    • Digital Provence by teamLab @ ロクシタン 新宿店 ヴォヤージュ・アン・プロヴァンス
  • 2016/10/04 宇宙と芸術展イベント「芸術のなかの宇宙観」  @ 森美術館
  • 2016/10/08
    • ナツコ・ムーン個展「 ALLEGORY *アレゴリー 」 @ ギャラリーまぁる
    • 森村泰昌展 「私」の創世記  ―銀幕からの便り― – NADiff
    • 森村泰昌 TALK EVENT 「写真」に耳を傾ける
  • 2016/10/10
    • 塩田千春『鍵のかかった部屋』
    • TERATOTERAまつり
  • 2016/10/22
    • シンポジウム「メディアアートの“ここまで”と“ここから”」@ 国立新美術館
    • ここから – -アート・デザイン・障害を考える3日間-@ 国立新美術館
    • 六本木アートナイト: チェ・ジョンファ、山本基、MAU COLLECTION 「IMIN」
  • 2016/10/24 中西夏之展 // 中西夏之氏逝去というニュースを聞き再度訪問。
  • 2016/10/26トリエンナーレ学校2016 vol.8【ヨコハマトリエンナーレ2017】ディレクターが語るヨコトリ2017
  • 2016/10/29
    • 鈴木其一展 @ サントリー美術館
    • トラフ展 インサイド・アウト @ ギャラリー間
    • グッドデザイン展 @ 東京ミッドタウン
  • 2016/10/29
    • 「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」 – トーク「アートとデザイン」@ 21_21 DESIGN SIGHT  // 展覧会自体は混雑していたのでちゃんと見ていない。今度行かなきゃ。
    • 桜井貴個展「 画家は2度死ぬ」 @ Art Lab Tokyo
  • 2016/11/04
    • 杉本博司 ロスト・ヒューマン @ 東京都写真美術館
    • 写真新世紀 東京展 2016
  • 2016/11/05
    • トーマス・ルフ展 @ 東京国立近代美術館
    • 文化庁メディア芸術祭20周年企画展―変える力
    • トーク「メディアアートとフェスティバル」
    • シンポジウム「メディア芸術祭」の20年
  • 2016/11/08 チームラボ新作発表@禅展・夜間特別内覧 → ブログ チームラボ新作@禅展
  • 2016/11/09 公開講座「Explore the Design」第7回 佐藤卓
  • 2016/11/15 小田野直武と秋田蘭画展内覧会 @ サントリー美術館 → ブログ 小田野直武をスターにしたい
  • 2016/11/29 炎と技の芸術ヴェネチアン・グラス展 @ 箱根ガラスの森美術館
  • 2016/11/23 クラーナハ展 @ 国立西洋美術館
  • 2016/11/26 生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲 @ 京都市美術館
  • 2016/12/04
    • クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち@ 東京都庭園美術館
    • 【デザインの理念と形成:デザイン学の50年】第1回 トークセッション
    • デザインの理念と形成:デザイン学の50年 展示
  • 2016/12/10
    • 第20回写真家達によるチャリティー写真展 @ 富士フイルムスクエア
    • 【デザインの理念と形成:デザイン学の50年】第2回 トークセッション
    • デザインの理念と形成:デザイン学の50年 展示

来年はヨコハマトリエンナーレ2017の年。サポーター活動も動き出しています。8月にはあいちトリエンナーレへ行って、「全国芸術祭サポーターズミーティングinあいち」にも参加してきました。フリーペーパーも再起動です  (ヨコトリーツ![Yoko-Treats!]2nd SEASON vol.1)。

2016-08-28-%e4%bd%90%e3%80%85%e6%9c%a8%e6%84%9b

佐々木 愛 «はじまりの道»

ベスト10にはならないかもしれないけど、良かった展覧会。

  • 村上隆のスーパーフラット・コレクション @ 横浜美術館: 森美術館の五百羅漢図展と並行して行われていた。五百羅漢図展では圧倒的な作品を作るプロジェクトマネジメントの力を見せ、ここでは自身の圧倒的コレクションを見せる。村上隆はやっぱでかい存在だと思う。
  • 横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展『自然の鉛筆』を読む @ あざみ野市民ギャラリー: 写真は発明と同時に芸術に使われてきたことがわかる。これは「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」でも感じた。
  • 荒木悠展 複製神殿 @ 横浜美術館、富士ゼロックス版画コレクション展 @ 横浜美術館: 「アートと複製」について考えさせられた。
  • キュンチョメ個展「暗闇でこんにちは」: 東日本大震災・原発事故以来、アーティストは何をできるのか考えていた。遠藤一郎、Chim↑ Pomなどのほかにこういう若い人も取り組んでいることがわかった。
  • 杉本博司 ロスト・ヒューマン @ 東京都写真美術館: 展示方法が面白かった。
  • トラフ展 インサイド・アウト @ ギャラリー間: 展示方法が面白かった。
  • BODY/PLAY/POLITICS @ 横浜美術館: 知らないアーティストも多く、ミニトリエンナーレのような感じ。田村友一郎の展示が面白かった。
  • 小田野直武と秋田蘭画展 @ サントリー美術館: 田中優子先生一押し。ミステリアスな生涯もきになる。
  • 中西夏之展 @ Fuji Xerox Art Space: 「ハイレッドセンター」の一人。会期中にお亡くなりになった。正直これまで見た記憶がない人だったので、出展数はすくないけれどありがたかった。

ビッグデータの勉強をすると言っていましたが、昨年の統計/データサイエンスほど力が入りませんでした。昨年のデータサイエンスコースは1カ月単位のコースがセットになっていたのですが、今年はいろんなところのつまみ食いみたいなやり方をとったのがいけなかったと思います。Big Data Universityはたくさんコースがあって良さそうに思ったけど、入門編はIBM 自社製品の紹介みたいな感じでちょっと先に行く気がなくなったというのもあります。2017年はどうしようかな。IBM Watsonを使う勉強をするか。デジタルマーケティングでお金儲けを狙うか。

XPERIA J1 Compact交換

タグ


昨年12月、それまでau + iPhoneだったのを、通信費を抑えるためにイオンモバイル + Sony XPERIA J1 Compact に切り替えました。

ちょっともたもたするくらいで十分満足していたのですが、10月くらいから、バッテリーが残り40%くらいから急に0%表示になってシャットダウンする症状が出はじめ、それがだんだんひどくなって60%くらいで落ちるようになっていました。下のスナップショットだと70%くらいで落ちてますね。

screenshot_2016-11-20-11-57-31

まだ保証期間内だったので、修理に出すことにしました。その間は代替機を借ります (1回 3,000円 + 税 がかかります)。

2016-12-17-07-36-33

先週サポートから電話がかかってきて、「確かに症状はでる。基盤から交換が必要だ。」ということで、「こちらでは症状が出ない、正常だ」と言われることをちょっと懸念していたのですが、それは解消されました。

しかし、「内部に水浸の跡がある、修理はお客様負担だ」と言われました。自分としては雨に濡れたことはあっても、それ以上に水に浸かったなんて使い方はしていなかったので、これは寝耳に水という感じです。その旨は伝えたのですが、「そういうマークが出ている」の一点ばり。「直しても使い方が悪いとまた同じことになる、どういうところに気をつけて使えば良いのか」と聞いたところ、「仕様では水深1.5m のところに30分浸けても大丈夫」とのこと。ますますどうしてそういう状態になったか疑問です。「水ではなく石鹸水のような水溶液やお湯などは防水性能が落ちることがある」とのことですが、それも心当たりがありません。

これまでの機械だと、自分の落ち度による故障ははっきり目に見えていて、通常の使い方をしていての原因不明の故障は保証の範囲だったので、今回の保証の範囲外と言われたことは意外で納得がいかない感じです。

サポートにこれ以上言っても何も変わらないようなので、何も修理せず戻してもらって、イオンモバイルの保証サービス (交換に7,000円 + 税がかかります) を使うことにしました。

昨日午前中に修理に出したものと代替機を交換、午後に修理で帰ってきたものと保証で新しく来る機械を交換するようそれぞれ手配していましたが、どちらも同じ運送会社だったので、午前中に両方来ました。ソニーには代替機、イオンモバイルには故障機を送らなくちゃいけないのですが、運送会社の配達員もちょっと混乱していました。

という訳で、また壊れるかもしれないという懸念は残ったままですが、またXPERIA J1 Compactを使い続けます。今度壊れたら新しいのに変えようと思います。何がいいかな。ZenFoneあたりかな。

 

 

小田野直武をスターにしたい

タグ

,


先日「小田野直武と秋田蘭画」で言及した「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」展。明日11月16日からスタートということで、本日内覧会および開会式がありました。

開会式にはやはり法政大学総長の田中優子先生がいらっしゃっていて、乾杯のスピーチをされました。その時に出てきた言葉が、「小田野直武をスターにしたい」。

私は何回か著書の中で小田野直武について書いているけれども、きっと誰かが小田野直武の生涯を小説にしてくれると思っている。そしたら次は大河ドラマのテーマになって …

あまり注目されていなかった小田野直武ですが、今回の展覧会を機に多くの人に知ってもらいたいとのことでした。

RANGA-02

重要文化財 松に唐鳥図 佐竹曙山筆 一幅 江戸時代 18世紀 個人蔵 【展示期間:11/16~12/12】

ただ小田野直武は、「世界に挑んだ7年」とあるように平賀源内にスカウトされて江戸に行ってから夭逝するまで活動期間は7年。そのため作品はあまり残っていません。展覧会では直武を中心とする秋田蘭画の画家たちの作品、また直武亡き後の司馬江漢らの画家の作品もあわせて展示されており、全体がストーリー構成の展示となっていました。

以下その章立てです。

第1章 蘭画前夜
第2章 解体新書の時代~未知との遭遇~
第3章 大陸からのニューウェーブ~江戸と秋田の南蘋派~
第4章 秋田蘭画の軌跡
第5章 秋田蘭画の行方

「蘭画前夜」では、直武の数え歳12歳のときの作品も展示されているのですが、そこにちゃんと銘が記されていて、その時期から既に才能を認められた画家だったことがわかります。

右に示したのは、「第4章 秋田蘭画の軌跡」から佐竹曙山筆「松に唐鳥図」(画像はサントリー美術館に提供いただきました)。前景に斜めに描かれた松、薄く描かれた遠景、秋田蘭画の典型的な構図です。

「不忍池の図」など小田野直武の画は、「小田野直武と秋田蘭画」からご覧ください。

展覧会情報
「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画展」
会期: 2016年11月16日(水)~2017年1月9日(月・祝)
会場: サントリー美術館
URL http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2016_5/

そうそう、会期の途中で展示替えがあります。目玉の一つ「不忍池図」が12月12日までですのでご注意ください。

チームラボ新作@禅展

タグ


「チームラボの新作発表会がある」と聞いて、11月8日に国立東京博物館・平成館で行われた「チームラボ新作発表@禅展・夜間特別内覧」に行ってきました。

inoko-m

猪子寿之氏と「円相 無限相」

国立東京博物館・平成館で行われている特別展「禅―心をかたちに―」が後期日程に入るにあたって、11月下旬にシンガポールで公開予定の新作「円相 無限相」が先行展示されます。今回の内覧会では、その発表としてチームラボ代表猪子寿之氏のスピーチがありました。

この「円相 無限相」は、禅の書でよく取り上げられるテーマ「円相」をモチーフにしたもので、円や無限大が永遠に書かれ続けていきます。これはビデオをループしてる訳ではなく、コンピューターによって毎回異なった円や無限大が生成されます。書の世界に実際には紙に書かず空中に書く動作を行う「空書」という概念があるそうですが、それをイメージしているようです。

もちろん内覧会はこの作品のお披露目だけでなく、禅展全体のプロモーションが目的です。今回は国内の禅宗のお寺の名品を一堂に集めたということで、50年に一度しかできないであろう規模だそうです。所蔵作品や文化財などを提供したお寺のお坊さんも挨拶されていましたが、すみません、お名前を記録していませんでした。

photosession-m

記念撮影

後期展示は、チームラボ作品以外にもセールスポイントがあります。

ekadanbizu-m

慧可断臂図 (雪舟)

一つは雪舟と白隠の「慧可断臂図」(えかだんびず) が揃うこと。「慧可断臂図」とは、禅展の「見どころ」から引用すると、

「慧可断臂図」は、禅画ではよく取り上げられる画題の一つで、初祖達磨(だるま)に慧可(えか)が入門を請うために自らの左腕を切り落として覚悟の意を示す場面が描かれる。

達磨さんも止めろよ、と思う。「手も足も出ませんでした」ってやかましいわ。

雪舟の「慧可断臂図」(右: 写真は特別の許可を得て撮影しています) が腕を切り落とした後の慧可を描いているのに対して、白隠は腕を切り落とす直前の姿を描いています (すみません写真は撮り忘れたので、「見どころ」から見てください)。

なお、白隠の「慧可断臂図」は、大分県臼杵市の臨済宗妙心寺派の見星寺で新たに発見されたものだそうです。

jakuchu-m

若冲作品を鑑賞する人々

もう一つのセールスポイントは伊藤若冲の作品2点「旭日雄鶏図」と「鷲図」が特別出品されることです。今年は若冲生誕300年ということで大規模な展覧会が開かれましたね。待ち時間4時間に恐れをなしていきませんでしたが、ここで見ることができました。やはりここだけ人だかりができていました 。

 

若冲の作品というと禅画とは対照的な位置にあると思いますが、若冲自体は禅宗とは深い関係にあるそうです。禅展の 最新情報 から引用します。

大典和尚(梅荘顕常 相国寺第百十三世)と深交を結び、30代半ばから若冲居士と称して禅に帰依し、剃髪して肉食妻帯を避けました。相国寺には代表作の「動植綵絵」を「釈迦三尊像」とともに寄進し、鹿苑寺(通称は金閣寺)には障壁画を描き、父母と自身の墓は相国寺内に建てました。このように若冲は臨済宗の禅と深い関係にありました。
また58歳のとき伯珣照浩(萬福寺第二十世)に参禅して「革叟」という道号を授かり、晩年には海宝寺に障壁画を描き、五百羅漢の石像を奉納した石峰寺に遺骸が埋葬されるなど、若冲は黄檗宗の禅とも強く結ばれていました。

今相国寺で、伊藤若冲展 が行われていますね。「動植綵絵30幅を一堂に展示」というキャッチに惹かれますが、「(コロタイプ印刷による複製品)」という但し書きが書いてありました。11月末に京都に行くので行こうかなと一瞬思いましたが、ちょっと微妙な気分です。

展示会場内には座禅体験コーナーもあります。この日はお坊さんが一緒に座禅をしてくれていましたが、いつもお坊さんがいらっしゃるわけではないと思います。

最後に展覧会情報をあげておきます。

特別展「禅―心をかたちに―」http://zen.exhn.jp/
会期: 2016年10月18日(火)– 11月27日(日)
休館日: 月曜日
開館時間: 午前9時30分〜午後5時
金曜日と10月22日(土)、11月3日(木・祝)、5日(土)は午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)
会場: 東京国立博物館 平成館
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
http://www.tnm.jp/

 

 

小田野直武と秋田蘭画

タグ

,


2016年11月16日から、サントリー美術館で「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」展が開催されます (プレスリリース (PDF))。それに先駆け、先日8月26日  (金) にプレスおよびブロガー向けイベント、 「世界に挑んだ7年小田野直武と秋田蘭画」展 プレミアムトークが行われました。法政大学総長の田中優子先生も講師に入っているじゃないですが。申し込んで参加してきましたよ。

akita03

解体新書(部分)
杉田玄白ら訳、小田野直武画 一冊(序図)
安永3年(1774)
国立大学法人東京医科歯科大学図書館
【全期間展示】

小田野直武と秋田蘭画に関しては、先日受講していた今だからこその江戸美術」で、平賀源内の仕事の中で取り上げられていました。平賀源内が秋田藩から連れてきて「解体新書」の挿絵を描かせたこと、源内から遠近法を教えられ、秋田蘭画の中心人物となったこと。秋田蘭画ということはこのとき初めて知り興味を持ったが、このコース自体は江戸美術とヨーロッパの文化の大きな類似性を捉えるものだったので、秋田蘭画に関してはそれ以上深く調べることはしていませんでした。その前の田中優子先生のgacco「江戸文化入門」でも取り上げられていたのですが、このコースも密度が濃くて追いついていくのが精一杯でした。

そんな中、このプレミアムトークの案内がきたのです。これまでにブログやSNSで宣伝に協力した人優先ということで、申し込みにはこれまでこのブログでで紹介した記事を列挙して猛烈アピールしました。講師が田中優子先生だし!

効果があったか、招待状がきたので行ってきました。

今回、会期の3ヶ月近く前にこのプレス向けのイベントが企画されたわけですが、それはこの展覧会のキーパーソンである下記の皆さんからぜひ広めたいということで開くことになったとのことです。

  • 高階秀爾氏(美術史家、大原美術館館長、公益財団法人西洋美術振興財団理事長
  • 河野元昭氏(京都美術工芸大学学長、静嘉堂文庫美術館館長、秋田県立近代美術館名誉館長)
  • 田中優子氏(法政大学総長)

2016-08-26 16.41.43.jpg

高階秀爾氏はその時代の文化的な背景の話がありました。

江戸時代鎖国をしていたとはいえ、ものの交易はあり、それに伴い文化的な交流もあった。ただ、宗教的なものは拒否されていたので、宗教色の弱いオランダが交易の対象となっていた。このためオランダの絵画は、宗教画がなく、また王政ではなく市民社会中心だったため王侯貴族を描く人物画もなかった。それら以外のもの静物画、風景画が中心であった。これらは観察して描くものであり、日本でも博物学的な関心が高まっていたのと呼応する。そのころ吉宗は洋学を解禁し、絵も積極的に購入していた。平賀源内が活躍し、博物図譜の流行、解体新書に繋がる …

当時のヨーロッパ文化と日本の文化の関係が「今だからこその江戸美術」の中心的なテーマだったので、高階氏の話はすっきりと理解できました。

田中優子氏のお話は平賀源内を軸に構成されていました。

当時各藩は藩内の資源を活用し産業を興すことを求められていた。平賀源内は脱藩しており、フリーランスとして各藩の鉱山開発を請け負っていた (本来の意味の山師ですね)。秋田も鉱山開発の目的で訪れている。その後、角館に住んでいた小田野直武を呼び寄せている。これは実は秋田藩が直武に要請したものだが、秋田藩が任官し江戸に送っているにもかかわらず、江戸では藩の江戸屋敷ではなく源内の家に住み着いていた。そこで解体新書の挿絵を描かせるわけだが、解体新書の後、自分の独自の絵を描き始めた。陰影画法による絵が描かれている (遠近法はすでにあった)。「児童愛犬図」で描かれている子どもは中国、犬は洋犬、窓は日本と、画法も含め複数文化の融合になっている。安部公房のクレオール論で、「秋田蘭画はクレオール」と位置付けている …

田中優子氏は、後の質疑応答の時間で、幕府が各藩の産業育成を促したことを、16世紀末から始まったグローバリゼーションのなかで幕府がどう生き残っていくかというコンテキストから説明してくださいました。これまで単独で存在していた色々な知識がだんだん繋がってくる、そういう知的興奮を最近感じます (今頃かよというツッコミはおいといて)。

河野元昭氏のお話は解体新書から始まります。

解体新書の表紙は、なかの挿絵と違って、同じような構図だが翻案になっている。男性は手で隠している。中の挿絵は敷き写し。トレーシングペーパーのような薄い紙で元の図を模写した。元の「ターヘルアナトミア」が銅版画であるのに対して、「解体新書」は木版画。この写した紙から版を起こすことになる。源内の師事を受けて1年で解体新書しており、現在は以前から直武の才能を知っていたと思われる …

銅版画で濃淡が出せるところを、木版だとハッチングによって濃淡を出すことになります。この違いも興味深いところです。

AKITARANGA001

重要文化財 不忍池図
小田野直武筆 一面
江戸時代 18世紀
秋田県立近代美術館
【展示期間:11/16~12/12】

その他、代表作の「不忍池」の謎についてのお話がありました。芍薬は愛情のシンボルなので結婚のお祝いとして描かれたものではないか、新築のお祝い説がある、なぜ池の前に花壇ではなく鉢植えが置かれているのか、鉢の中と遠景は同時には見えないのでこれは絵の上での合成である、遠景が小さく描かれており構成は西洋のボタニカルアートと同じ …

最後の締めくくりとして「直武が担っているものを感じて欲しい。直武をスターにしたい」という言葉がありました。それぞれの思いが詰まった、興味深い2時間でした。

田中先生を中心に記念撮影。

A photo posted by R. Yoshihiro Ueda (@ryokan) on

 

やっぱり民進党に期待するしか

タグ

,


参議院選挙から一週間、

国会で改憲勢力が2/3を超えても国民投票があるじゃないかと言うけど …

で書いた最初のステップ「改憲ライン 2/3 」は直前の予想通りクリアしてしまいました。次のステップは「国会での改憲の議論」です。

私は、

改憲の議論をすることは、本来ならば民主主義だから大いにやってよというところだが、こんな党利党略で決まる姿なんか見たくないんだよ。

と書きましたが、せめて「党利党略で決まる」のは避けてもらいたいです。

そのためには、野党が正々堂々と議論を受けて立つことが必要でしょう。首相は「選挙の結果を受け、どの条文を変えていくか議論を進めていきたい」(毎日新聞 2016/07/20 憲法改正: ネット党首討論 次期国会で議論 首相、参院選争点にせず  (魚拓)) と言っていましたが、そんな相手の土俵に乗ってはいけません。

岡田さんは、「条件付き」と言っていますが、条文での議論をやるというのは相手の土俵に乗っていることに変わりありません。

民進代表、改憲論議条件付き容認 9条以外で (共同通信 47NEWS 2016/7/14)

「9条以外で」と言っていますが、9条以外はもっと酷いものだというのを認識しているのでしょうか。自民党改憲案の基本は、権力者を縛るものという普通の憲法の位置付けではなく国民を縛るものになっている点、基本的人権に関しては人権天賦説を否定している点 (片山さつき氏「天賦人権論をとるのは止めよう、というのが私たちの基本的考え方です」)、実際の条文でも第13 条などで「公共の福祉に反しない限り」が「公益及び公の秩序に反しない限り」に変更され、容易に法律により制約が加えられる余地を含ませた点など、問題が多いものになっています。

岡田代表が条件としてすべきは「条文の議論を行う前に『憲法とは何か/憲法の意味』を議論しましょう」ということでしょう。

  • 世界史的背景を踏まえ、憲法とは権力者を縛るものという共通の認識を教える。
  • 憲法で謳いたい国のビジョンを明らかにする。人権について語るなら、それが天賦のものであって侵すことのできないものであるという認識を明確にする。
  • 現在の日本国憲法にある「公共の福祉」の意味を教える。

そもそも選挙前から選挙期間中にできたはずですが、岡田さんは戦いに向いた人ではないのかもしれません。民進党の中にも山尾志桜里さんのように論の立つ人がいますから、そういう人を前面に立てると良いと思います。代表を出す必要も出てくるでしょうから、以前にも書いたことがありますが (「この際民主党代表は …」)、蓮舫氏を代表に立てた方が良いと思います。これは次の衆議院総選挙に向けての布石でもあります。

ここでは民進党のことだけを書きましたが、もちろん共産党他護憲勢力協調して進めるべきものと思います。ある党が出した議論での自民党の答弁の綻びを、別の党が突く。

そしてその議論を整理してわかりやすく国民に伝える。(後に述べる影の官房長官が) 毎日記者会見を開いても良いと思います。

最終的には強行採決で押し切られるかもしれません。しかし、この議論を整理したものをベースに改憲案の問題を国民に訴えていけば、第3ステップの国民投票で阻止することができるでしょう。その前に公明党など改憲派とされる党が、その先の選挙を視野に入れて、脱落するかもしれません。

改憲の阻止だけにとどまるのではなく、集団的自衛権に関する解釈改憲の見直し、「愛国」教育基本法の改正など、これまでに積み上げられてきた数々の戦前回帰的政策をもとに戻すことをやってもらいたいと思います。そのためには、野党共闘で政権を奪取する必要があります。

そのための戦略を立てて総選挙に備えて欲しいと思います。

毎日新聞社説でも厳しい指摘があります。

社説:敗北後の民進党 甘い総括ではいけない – 毎日新聞

 先の参院選で敗北した民進党には今、「善戦できた」といった安堵(あんど)感が広がっているようだ。しかし、それは自らに甘過ぎる見方ではないだろうか。同党は来月上旬に選挙総括をまとめる予定だが、ほっとしているだけでは次の展望は開けない。

選挙中、「旧民主党政権には失望した」「もう政権は任せられない」という有権者の声をどれだけ聞いただろう。党名を変更しても民進党への失望感はあまり変わらなかった。

経済政策など、結局アベノミクスの失敗を訴えるだけで、自らはどうするという対案は示していません。党内で議論を詰め、マニフェストを決め、常に発信していく必要があると思います。

以前も同じようなことを書きました。もう10年以上前だ。

衆院選’05雑感(1) がんばれ民主党

そこで備えが大事なんです。

そしてその備えが「影の内閣」だったはず。「影の内閣」は、政権を取ったらこの布陣でいくということを示している訳ですが、布陣だけでは不十分で、その場合どのような政策を行うかを示さなければいけません。そう、マニフェストですね。マニフェストは選挙前に用意すれば良いものではありません。

政権を取ったらどうするかを常に議論し、腹をくくっておく。
その状況と結果(マニフェスト)を常に発信し、国民に問う。
国政上の課題が起こるたびに、影の大臣は私だったらこうすると発表する。
国会では、議論の分野ごとに影の大臣が質問に立ち、論戦を仕掛ける。
これによって影の大臣を国民に認知されるスターにする。

民主党/民進党の不幸は、この準備がないまま政権を取ってしまったことでしょう。自民党やそのネットサポーターの宣伝もありますが、「何も成し遂げていない、失敗した政権」と国民には記憶されています。今の状況をそのまま続けていては「政権担当能力がない」という評価は変わりません。

しかし、強力なリーダーシップがあれば2年あれば立て直せるのではないでしょうか。党内のぐずぐず燻っている意見の不一致を除き、一貫性のあるマニフェストを作る、影の内閣を作る。2年後は蓮舫代表を前面に立てて戦えると思うのです。

民進党はやっぱりダメなんじゃないかという意見もあるでしょう。でも、私は国民主権の日本を諦めていないのです。共産党が大きく変わることは期待できないので、民進党に期待するしかないと思うのです。

以下の池田信夫氏の意見に同意します。

アゴラ 2016/7/12 無党派の若者はブルー・オーシャン  (池田信夫)

アゴラの夏の合宿で細野豪志氏と議論するのは民進党を応援するためではなく、野党が変わらないと選択肢がなくなり、日本の民主主義が死んでしまうからだ。多くのみなさんの参加をお待ちしています。

リベラルは辛いよ

タグ


他者を批判するものは自らも身綺麗にしておかなければならない。特に政治の場では。そう思ってきた。

政治資金の問題、公職選挙法違反、国民に対するウソ、国会での暴言 … 数々の批難の対象があっても、与党ならば次の問題がでるまでやりすごすことができるし、たとえ辞めざるを得なくなっても次の選挙で通れば「禊は済んだ」とみなされる。一方、追求する側は、小さな瑕疵が自らの追求の武器を鈍らせてしまう。

これは政治家に限らず、SEALDs のような民間の団体でもそう。頑張っているし戦略的にも考えているし、責められる材料となりうる過激派との距離を置いているように見えたが、それでも批難する人たちがいた (何を責めているのか理解できなかったが)。在特会のカウンター団体「しばき隊」も、そのような批判を受けないように意識しているようにみえたが、徹底していなかったのかもしれない。

しかし、身綺麗であること、主張に一貫性があることを求めるのも程度があるように思う。政治において大きな目的のための戦略において、部分的に異なる政策の他党との協働も必要になるだろう。政策立案においても党員内での民主的な合意プロセスが必ずしも通せるわけではない。党員として立候補して通った以上、議会において自由な投票が許されない場合が大部分だ。

こんな記事があった。

web掲示板談話 斎藤美奈子・森達也 第五十二回
件名:都知事選について
投稿者:斎藤美奈子

都知事選で鳥越候補と宇都宮候補を一本化する際に、都知事選に出るという宇都宮氏の自由と権利を、「勝てる」ことを優先し潰したという。

 「Uさん、下りてくれてありがとう。あなたの政策はTさんが受け継ぎます」とかいってる人たちは、「英霊のみなさん、お国のために死んでくれてありがとう。あなたの遺志は私たちが引き継ぎます」といってるのと同じだってことを胸に刻んでほしいよ。

痛烈だ。

 個人の権利をつぶしておいて、都知事選に勝ったところで、何もいいことはない。もうこの人たちに、自民党を攻める資格はない。「民主主義をふみにじるのか」「言論を弾圧するのか」って、もう言えないもんね。自分たちが個人の被選挙権をつぶし、彼に投票する機会を奪い、この経緯に疑問を呈する声にも「黙れ」って、民主主義をふみにじってるのはどっちなの? 自民党の改憲草案だって批判できないじゃん。憲法13条の「個人として尊重される」の文言にもとることをやったんだからさ、自分たちで。

確かにリベラル勢力としては「民主主義をふみにじってる」と言われれば反論し難いかもしれない。

しかし、目的は「勝つ」ことではなく、都民にとってベストである (と思う) 都知事*を選ぶことではないか。その思いは宇都宮氏も同じであろう。たとえ自分がベストだと思っても勝てなければ仕方がない。その次善のために身を引くという決断だったであろう。そこまで含めて自由意志を考えよう。

リベラルは、綱領とかに縛られ保守的になる傾向があるが、国民のために、現実的、戦略的になって良いと思う。

* 鳥越さんがベストかどうかはここでは保留。

ジブリの大博覧会

タグ


こちらも7月6日に行われた内覧会に申し込んで行ったのでした。

ジブリの大博覧会

展覧会名:ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~
開催期間:2016年7月7日(木)~9月11日(日)
営業時間:10:00~22:00(最終入場21:30)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー
主催:東京シティビュー

今回はブロガー内覧会ではなく一般向けに案内が行っていたようです。また、1名同伴可ということで、カップルや子供連れが多くいました。

ジブリ作品の制作や宣伝に関わる資料が大量に展示されています。そういう意味でよくある原画展とは異なります。

DSC_0046

内覧会ということで一般公開より写真撮影可能な範囲が広くなっているそうですので、上のような写真は今後撮れないかもしれません。ご確認ください。

猫バスのレプリカがありました。実際に入って窓から顔を出して写真がとれます。一組ずつ交代で入っていましたが、本番が始まって入場者が多くなるとそうはいかないかもしれません。

DSC_0051

私は最後のコーナー「空飛ぶ機械」が一番気に入りました。

#ヒルズでジブリ 空を飛ぶ機械。

A video posted by R. Yoshihiro Ueda (@ryokan) on

巨大な模型がプロペラを回しながら降りてきます。これは夜になるとまた違う様相を呈するようです。

奥の方にあるのが、「空飛ぶ機械」の歴史。技術と都市の歴史もあわせて示してあります。戦争との関係の深さがわかります。

会場を出た後は別の階に物販コーナーがあります。内覧会でも結構人がいましたので、一般公開された今は混雑しているのではないかと思います。

まだ時間が早かったので、もう一度六本木クロッシング展を見てから帰りました。

チームラボ新作内覧会 2016/07/14

タグ

,


チームラボの新作を含む「DMM.プラネッツ Art by teamLab」は、フジテレビの「お台場みんなの夢大陸2016」の出し物の一つとして、7月16日土曜日から公開されます。それに先立ち、プレス内覧会/ブロガー内覧会が7月14日に行われました。

私は20:30の回だったのですが、当日18:00過ぎから降り出した雨が激しく、フジテレビ方向から来たのですが雨を避けるところが途中になく、時間前に入れてもらいました。すでに時間前に来た人は中に入って鑑賞を始めていました。本来はチームラボの猪子さんのトークなどが予定されていたのですが、どういうスケジュールになったのかわからず、聞けなかったのが残念です。また、軽食と飲み物を用意しているという話でしたが、これも早く帰ったため、帰る途中にケータリングの袋を持って会場に向かうスタッフの皆さんとすれ違いました。

雨で来る人も少なかったとは思いますが、早く入れてもらったため、観客が少ない中で鑑賞できたのはアリがたかったと思います。

今回、4つの作品が出ています。

  • やわらかいブラックホール – あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である
  • Wander through the Crystal Universe
  • 人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity
  • Floating in the Falling Universe of Flowers

Wander through the Crystal Universe” はポーラ ミュージアム アネックスで昨年行われた “Walk Through the Crystal Universe”の規模を大きくしたものということ以外は予備知識なく行きました。

浅いプールの中を歩いていく作品があるということで、最初に靴と靴下を脱いで預けて、ズボンを捲し上げて行きます。最初に入ったブースが細長い通路に水が張ってあります。そこを通るとタオルを渡され足を拭くように言われます。「これはなんだったんですか」と聞いたら、「足を洗ってもらうため」だそうです。

以下、体験した順に紹介と感想。

▪︎ やわらかいブラックホール – あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である

もこもこの空間。足をとられて、なかなか先に進めません。転がって進んでいる人もいたので真似してみようと思いましたがうまくいきません。出口に待機している係の人が「大股で踏みしめるようにして進んでください」というアドバイスでやっと出口にたどり着きました。

balckhole-DSC_0086

なにこのおじさんトラップと思ったのですが、今日上記の 作品説明を読むと、

人々が作品空間に入ると、空間自体が、人々の身体の重さに影響を受け変化する。そして、人々の身体は、変化する空間に影響を受ける。人々は、互いに作品空間を通して、それぞれの影響を受け合う。
あなたの身体は空間を変化させ、そして、その空間は他者の身体を変化させる。

と書いてあります。フィールドアスレチックのような姿勢で望むのではなく、体を預けゆったりすることが必要だったんですね。

▪︎ Wander through the Crystal Universe

元となったポーラ ミュージアム アネックスの “Walk Through the Crystal Universe” にも行ったのですが、大きくなって迫力が違います。ポーラ ミュージアム アネックスの時は入り口があって出口があるだけだったのですが、様々な分岐がある迷路みたいになっています  (行き止まりはありませんが)。

これも作品説明を読んで初めてわかったのですが、

鑑賞者は自身のスマートフォンを通じて、クリスタルユニバースを構成するエレメントを選び、出現させ、クリスタルユニバースを創っていく。そして、鑑賞者は、作品空間に入り歩きまわることができる。

あらかじめ知っていれば試してみたのですが、その場にも説明がなく (あっても気づかなかった)、体験し損ねたのは残念です。

▪︎ 人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity

これは2014年-2015年に行われた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」で出ていた “花と人、コントロールできないけれども共に生きる、そして永久に – Tokyo” (リンク) と同様のインタラクティブ作品で、人の動きに反応してプロジェクションされる映像が変わります。今回は30cmくらいのプールになっており、鯉と花が投影されます。

#teamlab

A video posted by R. Yoshihiro Ueda (@ryokan) on

▪︎ Floating in the Falling Universe of Flowers

天井と壁全体に投影される花の映像。床に座ったりビーンバッグの上に寝転がって鑑賞します。

#yoshihiroueda@mac.com

A video posted by R. Yoshihiro Ueda (@ryokan) on

もうちょっと明るい場面を撮っておけばよかったですね。

今回内覧会で見ることができたのでゆったり見ることができましたが、「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」の時と同様にだんだん人気が出てきて混雑するようになると思います。早めに行かれた方が良いと思います。

最後にイベントの情報をサイトから引用しておきます。

DMM.プラネッツ Art by teamLab

会期 2016年7月16日(土)~8月31日(水)
会場 お台場・青海周辺エリア(「お台場みんなの夢大陸2016」会場内)
お台場みんなの夢大陸オフィシャルサイト
http://www.odaiba.com
時間 10:00〜18:00
※開催時間は変更になる場合があります
料金 1DAYパスポート 一般2,000円/小中学生1,300円

なお、チームラボは、7月30日から森美術館で開催される「宇宙と芸術展」で、《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく – Light in Space》を出展します。「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」の時は、“追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 ‒ Light in Dark” でしたので、少し内容は異なるものと思われます。チームラボの中でこれが一番好きな作品です。

国会で改憲勢力が2/3を超えても国民投票があるじゃないかと言うけど …

タグ

,


… 私はそれが怖い。その前に改憲が議題にあがることから怖い。

改憲が国会で議題にあがるというのは、まずどの条文を変えていくか議論するということだ。

毎日新聞 2016/07/20 憲法改正: ネット党首討論 次期国会で議論 首相、参院選争点にせず  (魚拓)

首相は憲法改正について「選挙の結果を受け、どの条文を変えていくか議論を進めていきたい。次の国会から憲法審査会を動かしていきたい」と述べ、秋の臨時国会を念頭に、与野党の具体的議論に入りたいとの考えを示した。

なにが「選挙の結果を受け」だ。「どの条文を変えていくか」が選挙の結果から分かる訳ではない。ただ改憲の発議ができる2/3を超えるか否かしか気にしていない。

「どの条文を変えていくか」も、その必要性で議論されるのではなく、焦点は「どれが進めやすいか」になるだろう。改憲勢力がどこで折り合いをつけられるか、そしてその後国民投票で通せるかどうかが考慮に入れられるだけ。

「改憲勢力がどこで折り合いをつけられるか」は、結局党利党略だろう。公明党が改憲に賛成しないだろうという見方があるが  (憲法は改正できるの? – アゴラ 2016/07/08、佐々木俊尚氏「参院選の投票先が悩ましいが……とりあえずの結論」)、最後は自民党の言いなりになると思う。今回自民党が単独過半数をとる見込みがあって、そうすると公明党と協力する必要は無くなる。公明党は内閣に入れなくてもいいということだ。改憲に協力することだけが公明党にとって内閣に残る手段。

おおさか維新も、自民党案には賛成しないということだが、同様に大臣の椅子をちらつかせられたら抗い難いのではないか。

改憲の議論をすることは、本来ならば民主主義だから大いにやってよというところだが、こんな党利党略で決まる姿なんか見たくないんだよ。

「国民投票で通せるかどうか」も、「国民に受けれられやすい  = 騙しやすい」という観点になるだろうということが容易に想像でき、腹立たしい。「緊急事態条項」は、一見必要そうに見えるが、本当に必要なのか、そして緊急事態の時に国民の権利がどこまで制限されるのかを考えると、最も危ない条項だと言える。

SEALDs POST の記事から引用する。

旧憲法から日本国憲法への改正を議論していた1946年の帝国議会において、金森国務大臣は、

  1. 国民の権利擁護のためには非常事態に政府の一存で行う措置は極力防止すべきこと、
  2. 非常時に乗じて政府の自由判断が可能な仕組みを残しておくとどれほど精緻な憲法でも破壊される可能性があること、
  3. 憲法上準備されている臨時国会や参議院の緊急 集会(衆議院の解散中に緊急で開催する)で十分であること、
  4. 特殊な事態に対しては平常時から立法等によって対応を定めておくべきこと、

という4つの理由から、明確に緊急事態条項を導入しないことを答弁しています。

特に2 「非常時に乗じて政府の自由判断が可能な仕組みを残しておくとどれほど精緻な憲法でも破壊される可能性があること」は注目に値する。これに対する納得のできる答えが必要だ。「どれほど精緻な憲法でも」と言っているのに対して「この改憲案にはあたらない」と言えるのか。

「緊急事態条項が通ってしまった未来からの伝言」のような事態がただのシミュレーションであって起こり得ないと言えるのか。私は、2013年の麻生副総理の発言を忘れていない。

 「静かにやろうや」ということで、ワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか。

後に発言自体は撤回したものの、自民党はこの手口 (ナチスの全権委任法) をしっかり学んでいると思われる。

もちろん国民にはそんなことは伝えないだろう。緊急事態が発令されて、いつの間にか色々なものが変わって初めて気付くだろう。

先に「緊急事態条項が入ったら」の予想を書いたが、まだ検討していたのは「どの条文を変えていくか」の提案だ。それが出されて国会の審議が始まる。

この国会の審議も怖いものの一つだ。何が怖いって、また嘘やはぐらかしの答弁を聞かされるということだ。安保法制の時、安倍首相は「しっかり説明する」と言っていたが、説明の内容は個別自衛権で対応できるものであったりして、議論はかみ合わず強行採決に至ってしまったではないか。そんな国会は見たくない。

その間国会のリソースが改憲に集中投入され、経済問題などがないがしろにされることを懸念する声もあるが、私は改憲の議論はあってもいいとは思うが、今の安倍内閣には真摯な議論を求めるのは難しいと思う。

最後の関門は国民投票だ。

国民投票が始まると、国民の中でまっとうな議論ができるのかということだ。改憲に反対する意見は、自民党の別働隊J-NSC  *が全力で叩きに来るのではないか。国民は自分の声をあげにくい状況が出来てくるのではないか。その空気が怖い。民主主義先進国のイギリスでさえ、EU離脱では死者まで出たではないか。

お食事会で飼いならされたマスコミも期待できない。特に停波を盾にしたテレビ局への圧力・恫喝が日常的に起こっているという  (dot.ドット 朝日新聞出版 2016/07/05 この「街の声」を削れ! 放送現場を萎縮させる安倍政権の「行きすぎた口出し」)。

そして投票結果が最も怖い。何が怖いというと国民が考えていないことが白日に晒されないかということだ。下記は高知県の記事だが、高知県民だけが考えていないとはとても言えないだろう。

【参院選 土佐から】改憲への「3分の2」 高知で83%意味知らず|高知新聞

という訳で、国民投票も怖いし、その前の国の空気が変わっていくことも怖いのだ。だから皆さんも、改憲反対勢力への投票をお願いします。

注* J-NSCのメンバーは例えばこんな人  (閲覧注意、吐き気がします)。
愛国を考えるブログ 2016/07/09 「石田純一は都知事選に出るならば自分の子どもを死なせてからにせよ」