こんばんは。

今年も原爆の日が休みだったので、平和祈念式典のテレビ中継を見ていました。

オバマ大統領が、演説で核兵器の削減に関して語ったというのは知っていたのだけれど、ちゃんと聴いてなかった。

テキストはこれ。

CBS News 2009.4.5 Transcript: Obama On Reducing Nuclear Arms

聴きながらテキストを一所懸命追いました。

as the only nuclear power to have used a nuclear weapon, the United States has a moral responsibility to act.

ふむふむ、ここが道義的責任に触れたところか。

そして、核兵器のない平和で安全な世界を追求するコミットメント

So today, I state clearly and with conviction America’s commitment to seek the peace and security of a world without nuclear weapons. (Applause.)

私からも拍手。

オバマの評価できるところは、現実主義者でもあるところだ。

I’m not naive. This goal will not be reached quickly — perhaps not in my lifetime. It will take patience and persistence. But now we, too, must ignore the voices who tell us that the world cannot change. We have to insist, “Yes, we can.” (Applause.)

すぐにできるとは私も思っていない。スタートラインとしてこれで十分だ。大事なのはこの意志を育てて行くことだろう。仲間を増やして行く。皆が同じ意志をもったとき、世界は変わるだろう。

I hope someday you’ll join us
And the world will live as one

これ自体は理想主義的な言葉だけど、理想を求める仲間を増やして行くことは現実的な目標だ。現実主義というのは現状に甘んじることじゃない。

具体的な施策も重要だ。

1) 米国が核兵器を削減し、他国にも同様に迫る。(単独で減らす訳ではない)
2) NPTを強化する。強制力を持たせる。一方、国際燃料銀行などで平和利用を推進する。
3) テロリストに核が渡らないようにする。狙われやすい核物質を4年以内にセキュアに管理する国際的な取り組みを始める。

追記: なんだ日本語訳あったんだ。

在日米国大使館: バラク・オバマ大統領のフラチャニ広場(プラハ)での演説

広告