こんばんは。傷だらけの天使です(ウソ)。

ブログすごろく、って忘れちゃった人も多いんじゃない。僕も忘れていましたよ。

ウソ… 毎日毎日のどに刺さった小骨のように心に引っかかっていたんですよ。

これまで温めていたネタ、一挙に爆発だ。

50番地なので前の人からのお題だったんです。

さて御題は… 発展途嬢 (nutschoco さん) 「会いたい人に会える呪文を教えて!」

では、そのお答えは…

ドラムロール!
:
:
:
:
:
(まだまだ続くよ)
:
:
:
:
:
(もう少し)
:
:
:
:
:
ジャーン!

答えは…

そんなもの無い!
:
:
:
すみません、これで堪忍して〜!

いろいろ考えたんですよ。

本人に聞こえるようには言えるんですけどね。

電話して…
「声が聞きたかっただけ」
って言う。

でもそれじゃあ呪文にならないんだよね。

さて、表題に「召還魔法」と書きました。これは…

むかしインターネットの日本での黎明期の時代。

まだWWWはなく、メールとnewsgroupが主なインターネットの利用法の時代。

newsgroupは今の掲示板のようなもの。だけど、それぞれ自分のログイン名=メールアドレスで発言していた、匿名性の低い時代。
テーマ別に用意されたnewsgroupでみんなディスカッションをしていました。

そんな中、特定の話題になると必ず出てくる人がいました。

あるキーワードに反応すると、何か言わないといけないと思う人が出てきます。

例えば、「差別用語」、「著作権」、「パブリックドメイン」…

「召還魔法」は、そんなキーワードをさす言葉。

今も「炎上」という言葉がありますが、これも火種がある訳で、そういう意味では昔とあまり変わっていないのかもしれません。
次は、8つ進んで、「58.最近読んだ本」です。

広告