タグ

,


こんばんは。

NHKスペシャルで「アフリカゼロ年」というシリーズやっています。今日(というかもう明日) 0:25から「第4回 感染爆発が止まらない 〜南アフリカ 届かないエイズ薬〜」が再放送されます。

サミット/G8で、
・アフリカの支援を拡大すること
・知的財産権の保護を強化すること
が合意されました。

この構図は、アフリカへの支援拡大は、アメリカの製薬会社の利益に還元されるということが分かると思います。

ボブ・ゲルドフはいう

途上国支援を倍増すること、
債務を帳消しにすること、
公正な貿易をアフリカにもたらすこと
を通して、G8は何百万もの人々の将来を変える可能性がある。

債務を帳消しにするよりも、アフリカを食い物にすることをやめろ、と言うべきなのだ。そうでなければ、「便利に使われるミュージシャン達」という謗りは免れないだろう。

そして、もっと大事なことは、何度も繰り返すが、アフリカ自身が幸せになるという意志をもたねばならない、ということだ。この「エイズ拡大」では、治療(と言うよりも発症を抑えること)も大事だけれども、感染の拡大を抑えることに力を注がないと意味がない。

「アフリカゼロ年」第1回では、エチオピア・ダルフール紛争(ジェノサイド)のレポートでした。ここでは中国が陰にいることが示されています。

広告