こんにちは、一休です(ウソ)。

前の記事の補足として書こうとしていたのですが、長くなりそうなので分けます。

週刊ダイヤモンド2004.8.7号 特集「創価学会の経済力」で書かれていることの紹介です。

・総資産10兆円 (不動産9兆円、現金預金など1兆円)
・収入年間4000億円以上(学会員の寄付2000億〜3000億円)
・一般企業が証券を売却する際、証券会社はキャピタルゲイン課税分を差し引いた額を支払う。学会はその価格で買ってその日に市場価格で売る。宗教法人には課税されないので差額はそのまま学会にはいる。(いまは規制されているらしい)
アナタゼイキンヲハラッタツモリデスガ、スベテガッカイニハイッテマスカラ。残念!

・44万基の墓石完売。これまでに3000億円の収入。「墓は多くあった人ほど偉い」(by 池田大作)
・学会の施設が集まる信濃町(右は週刊ダイヤモンドより)。監視カメラやマジックミラーの小窓が点在する。学会の看板をカメラでとった途端、道路の辻々に警備員が…
・聖教新聞の印刷は各新聞社系の印刷会社に委託
・池田名誉会長に関する「特集記事」をカラーで掲載した地方紙は2001年の段階で40をこえ、現在も増え続けている。
・創価学会会長は世襲しないと発言しているが、SGI(創価学会インターナショナル)は長男の博正氏が就任。

どう? 読みたくなったでしょ。もう売られていないので図書館で読んでね。

広告